エクセル 縦書き表 横書き表

Enterボタンで右へセル移動する横書き表

スポンサーリンク

●エクセルでは通常縦書きにデータを入力しますが、横に入力できる横書き表を作ってみます
標準ではセルに値を入力しEnterボタンで確定させると自動で選択されるセルが下へ移ります。
セル移動
縦一列にデータを並べたいときは便利ですが、横にデータを入力したい時はマウスで右のセルを選択し直す必要があります。
横にたくさんのデータを入力したい時は手間がかかります。
そこでEnterボタンを押す度に右に選択セルが移動するように設定しましょう。
セル移動
エクセルは標準でEnterボタンを押したときに下へ移動する仕様になっていますのでこれを自動で右へ移動するように設定すればEnterボタンを押す度に右へ移動し横にデータを入力することができます。

 

手順1
エクセルの左上のOfficeボタンを左クリックして「Excelのオプション」ボタンをクリックします。
Excelのオプション画面が開きますので、左側メニューから「詳細設定」をクリック。
セル移動

 

手順2
詳細設定画面が開きますので、一番上の項目「Enterキーを押した後にセルを移動する」の項目で方向を「右」へ変更します。
最後にOKボタンをクリックして画面を閉じます。
セル移動

 

これで設定は完了です。
A1セルに値を入力後、Enterボタンを押すと右のセルへ移動して選択されたことを確認できれば成功です。
セル移動
(画像2)
※この設定はブック内で有効なので縦移動に戻す場合は今回の設定で方向を右へ戻してください。
スポンサーリンク

スポンサーリンク