エクセル 関数 日付 曜日

エクセル関数で日付と曜日を表示

スポンサーリンク

●エクセルで日付は「DAY関数」、曜日は「WEEKDAY関数」を使います
【例1】
エクセル関数日付曜日
A1セルには元なる「NOW関数」を入力します。
NOW関数は現在の日付と時刻を表すシリアル値を返してくれます。
しかも自動更新なのでカレンダーや管理表の日付などに使えます。

 

そしてこのA1セルの値を元に日付と曜日を取り出します。
B2セルに「DAY関数」を入力、しA1セルから日付だけを取り出します。
次にC2セルに「WEEKDAY関数」を入力し、A1セルから曜日の元となる数値を取り出します。

 

B2セルの日付には"16"と表示され16日ということが分かりますが、C2セルには"7"としか表示されてないので、セルの書式設定で数値を曜日表示に変更します。(下図)
エクセル関数日付曜日
C2セルを右クリックして「セルの書式設定」を選びます。
すると図のような「セルの書式設定画面」が表示されます。
@分類の「ユーザー定義」を選択します。
A種類に「aaaa」と小文字で入力します。

 

するとC2セルの値が曜日表示に変わりました。
エクセル関数日付曜日
スポンサーリンク

スポンサーリンク