エクセル 関数 AVERAGEA関数

AVERAGEA関数

●AVERAGEA(対象セルの平均値を求める)
指定した範囲の空白以外のセルの平均値を求めます。
平均を求めたいセルの数は1〜255個まで指定できます。
AVERAGEA関数は対象セル(空白・文字も含む)の平均値を返します。
【例1】
AVERAGEA関数
【例2】
AVERAGEA関数
対象セルはA1:A3だがA2セルは数値ではないが、A1:A3で平均値を返しています。
(A1+A2+A3)÷3
スポンサーリンク