エクセル 関数 MAXA関数

MAXA関数

●MAXA(対象セルから最大値を求める)
対象範囲の中から数値・空白・文字のセルの中から最大値のセルの内容をを返します。
【例1】
MAXA関数
A1:A5では数値が入ったセルではA5セルが最大値ですが、MAXA関数は論理値も含まれるため、A4セルがシリアル値で"1"となるため、A4が最大値のセルとなります。
スポンサーリンク